テクノ・コム

公益財団法人福島県産業振興センター技術支援部(通称テクノ・コム)は、
中小企業等の研究開発に対する助成、技術に関する研修の実施、新規事業創出に向けた産学連携の
推進など、技術の高度化と科学技術の振興に関する事業を行なっています。

分析・試験装置 最新技術セミナー

●日時 平成29年11月14日(火) 9:20~16:30 

●場所  福島県ハイテクプラザ(郡山市待池台1-12)多目的ホール

●定  員  60名(受講料 無料)

●講  師  株式会社島津製作所  

●出展装置  卓上型精密万能試験機(AGS-X

電動サーボ型加振機(NJ-SERVO

マイクロフォーカスX線透視装置(SMX-1000Plus

ガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS-QP2020

走査型プローブ顕微鏡(SPM-9700HT

      *マイクロフォーカスX線透視装置(SMX-1000Plus)、走査型プローブ顕微鏡(SPM-9700HT)に関して、実機を用いた測定も可能ですので、ご希望の方は事前にご相談ください。他の装置についても、その場で分析相談を行うことが可能ですのでお気軽にご相談ください。

 このセミナーでは、分析・試験装置市場における最新動向を紹介し、各種分析・試験装置の原理や結果の解析方法を学ぶことができます。

セミナーで紹介する機器の展示、デモ測定も合わせて行いますので、最新の装置をじっくり体験できる機会にぜひ、ご参加ください。

      

○開会挨拶  9:20

タイムスケジュール

時  間

内  容

① 9:30~10:30

【精密万能試験機】

『輸送機業界における試験事例』

自動車の開発効率向上のため、正確な設計は年々重要度が高まっています。正確な設計のためには、正確な材料データだけでなく、近年は実際の使用状況、加工状況に即した新たな試験手法による材料データの要求も増えています。

本セミナーでは、設計に要求される新たな試験手法から、試作品の性能評価まで、開発の現場で活用されている様々な試験事例をご紹介します。

■特にこんな方にお勧め!!

⇒輸送機(電機・電子)関係でお勤めの方

② 10:45~11:45

【マイクロフォーカスX線検査装置】

『マイクロフォーカスX線検査

~基礎から応用技術アプリケーションまで~』

材料や製品内部を壊さずミクロンレベルで可視化するマイクロフォーカスX線検査装置は様々な産業分野に活用され、その用途は「観る・測る・調べる」と多彩であります。

本セミナーでは、X線透視装置及びX線CT装置を用いた観察及び解析事例をご紹介します。

■特にこんな方にお勧め!!

⇒開発、製造、品質管理等、あらゆる段階で製品の非破壊検査にご興味のある方

③ 13:00~14:00

【走査型プローブ顕微鏡、ナノサーチ顕微鏡】

『走査型プローブ顕微鏡による高分子材料の高分解能評価へのアプローチ

~基礎から最新技術まで~』

ナノ領域の観察を行うことができる、走査型プローブ顕微鏡は形状観察はもちろんのこと、様々な物性評価も可能なことから、製品の「開発・評価」等において広くご利用頂いております。

本セミナーでは、走査型プローブ顕微鏡の原理、特長、実例アプリケーション及びレーザー顕微鏡の機能も有する複合機を紹介します。

■特にこんな方にお勧め!!

⇒製品の研究、開発等でナノ領域をもっと気軽に観察したいと思っていらっしゃる方

④ 14:15~15:15

【ガスクロマトグラフ質量分析計】

『RoHS規制の最新動向とIEC62321Part8に準拠したPy-Screenerの紹介』

改正RoHS指令に向けた検査のためのフタル酸エステル分析法の国際規格であるIEC62321 Part8が2017年3月28日に正式に発行されました。

本セミナーではIEC62321 Part8で採用されたPy-GCMS法に準拠したPy-Screenerの特長を紹介します。

■特にこんな方にお勧め!!

⇒改正RoHS規制対象となる方、及びその取引先の方

⑤ 15:30~16:30

【フーリエ変換赤外分光光度計、エネルギー分散型蛍光X線分析装置】

『FTIR&EDXを用いた異物解析』

異物混入の原因解明のためには、異物の同定(定性)が重要で、あらゆる分野において異物の分析が行われおり、赤外分光光度計(FTIR)やエネルギー分散型蛍光X線装置(EDX)がよく用いられます。

本セミナーでは、赤外分光光度計及びエネルギー分散型蛍光X線装置を用いた各種異物の分析の流れや実例をご紹介します。

■特にこんな方にお勧め!!

⇒あらゆる業界において異物でお悩みの方

●申込締切 平成29年11月10日(金)

●申込方法 申込書に必要事項をご記入の上FAX又はE-mailでお申し込み下さい。

●申込先  (公財)福島県産業振興センター技術支援部(テクノ・コム)担当:竹内

      Tel: 024-959-1929 Fax: 024-959-1889 E-mail : seminar@f-open.or.jp

〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内) 

分析・試験装置最新技術セミナー」申込書---FAX申込先024-959-1889

企業名(業種)

                          (        )

所 在 地

(〒      )

電 話/FAX

電話            /FAX

氏名(所属)

(              )

氏名(所属)

                    (              )

氏名(所属)

(              )

事務担当者

氏名            所属        E-mail

*この申込書でいただいた個人情報は、当センターから各種セミナーや支援施策の情報提供に活用させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お申込み書式のダウンロードはこちらから2017 分析・試験装置 募集案内.doc

  • バナー:公益財団法人 福島県産業振興センター ふくしま農商工連携ファンド事業
  • バナー:REIF 福島復興 再生可能エネルギー産業フェア
  • バナー:公益財団法人 福島産業振興センター
  • バナー:エネルギー・エージェンシーふくしま
  • バナー:福島県ハイテクプラザ

テクノ・コム

公益財団法人
福島県産業振興センター
技術支援部

〒963-0215
福島県郡山市待池台1丁目12番地
(福島県ハイテクプラザ内)
TEL:024-959-1929
FAX:024-959-1889
E-mail:f-tech@f-open.or.jp