テクノ・コム

公益財団法人福島県産業振興センター技術支援部(通称テクノ・コム)は、
中小企業等の研究開発に対する助成、技術に関する研修の実施、新規事業創出に向けた産学連携の
推進など、技術の高度化と科学技術の振興に関する事業を行なっています。

信頼性評価技術の最新動向(環境・落下・衝撃) 

家電、電機、自動車の電子化は、加速的に増加しています。これに伴い各部品の信頼性試験も、環境因子だけでなく複合的な評価が求められています。このセミナーでは、基礎~試験規格、事例や手法も踏まえご紹介します。

振動試験 13:00~14:10      講師:IMV株式会社 テストラボ事業部 

「振動試験の基礎知識」と「振動試験規格のトレンド」を小型振動試験機にて加振デモを交え、

わかりやすく解説します。また、振動試験規格のリニューアル解説を致します。(変化点は?傾向は?)

※出展・デモ予定:低騒音小型振動試験装置 m060/MA1 ・振動制御器 K2

落下/衝撃試験 14:20~15:30 講師:神栄テクノロジー株式会社 事業戦略部

「適正包装設計のための落下・衝撃試験」~JIS Z0200 包装貨物 性能試験方法一般通則~解説

製品は物流環境や使用環境で落下現象に遭遇し、不具合原因となる。ここでは、これら製品破損トラブルを解決手法として、製品の物流環境・使用環境の2つの観点からみた対策アプローチを紹介する。具体的には適正包装・製品設計と、強度設計に必要な落下衝撃試験や加速度計測方法について解説する。

※出展予定:卓上簡易衝撃試験機、輸送環境記録計、加速度計測システム、小型3軸加速度ロガー

環境試験 15:40~16:50      講師:エスペック株式会社 テストコンサルティング本部 

電気・電子機器は様々な市場ニーズや用途に対応するため環境試験も多様化しております。

特に車載環境での品質・信頼性評価のための環境試験要求は年々厳しくなっています。

ここでは自動車市場・電気電子での評価事例や国際的な規格動向についてご紹介します。

※出展:小型環境試験器、小型高温チャンバー、在宅オンラインサービスシステム

□日 時    令和2年8月6日(木)13:00~17:00

□場 所    福島県ハイテクプラザ(郡山市待池台1-12)

□定 員  32名(受 講 料 :無料)

□締 切    令和2年7月31日(月) ※定員になり次第締め切ります。

□申込・問合先 (公財)福島県産業振興センター技術支援部(テクノ・コム) 竹内

〒963-0215 郡山市待池台1-12(福島県ハイテクプラザ内) 

   Tel:024-959-1929 Fax:024-959-1889 E-mail : seminar@f-open.or.jp

下記申込書にご記入の上、FAX又はE-mailにてお申し込みください。

--------------------- 信頼性評価技術の最新動向セミナー 申込書 -------------------

企業名(業種)

 (              ) 

所 在 地

(〒       )

電 話/FAX

電話:                 /FAX:

氏 名(所属)

                       所属:

氏 名(所属)

所属:

事務連絡担当者 部署:         お名前:               e-mail:  

申し込み書式のダウンロードはこちらから2020 信頼性評価技術の最新動向  募集案内.doc

*この申込書でいただいた個人情報は、当センター各種セミナーのお知らせ、支援施策の情報提供に活用させて頂く場合がございますので、あらかじめご了承願います。

 重要 

令和2年4月2日

セミナーに参加される皆さまへ

セミナー開催時における対応についてのお知らせ

新型コロナウイルス感染症の問題で、セミナー開催時の対応について県から3つの感染対策が示されております。

1. 人が集まる場の前後も含めた適切な感染予防対策の実施

2. 密閉空間・密閉場所・密接場面など、クラスター感染発生リスクが高い状況の回避

3. 感染が発生した場合の参加者への確実な連絡と行政機関による調査への協力

上記をふまえて、

・受講者の手が触れる場所をアルコールを含有したものでふき取りを定期的に行います。

・受講時にマスクの着用を徹底し、受講日の朝に各自、体温測定をしていただき(37.5度以上は受講不可)ならびに、症状の有無を確認し、具合の悪い方は受講を見合わせていただきます。

・会場に入る際の手のアルコール消毒、セミナーの途中においても適宜、消毒が出来るようにします。

・会場の換気設備の運転。定期的に外気を取り入れ換気をします。

・受講者同士が一定の距離を保てるように、必要に応じて空間の広い多目的ホールでの実施をします。

・感染が発生した場合、その他の受講者に対して連絡をとり、症状の確認、場合によっては保健所などの公的機関に住所や氏名等の情報について連絡します。

【受講者へのお願い】

・過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方は受講をご遠慮ください。

・感染拡大している地域や国への訪問歴が14日以内にある方は受講をご遠慮ください。

・感染が発生した場合、受講した方は保健所などの聞き取りに協力し、また濃厚接触者となった場合には、接触してから2週間を目安に自宅待機の要請が行われる可能性があることをご承知おきください。

公益財団法人福島県産業振興センター

技術支援部

  • バナー:公益財団法人 福島県産業振興センター ふくしま農商工連携ファンド事業
  • バナー:REIF 福島復興 再生可能エネルギー産業フェア
  • バナー:公益財団法人 福島産業振興センター
  • バナー:エネルギー・エージェンシーふくしま
  • バナー:福島県ハイテクプラザ

テクノ・コム

公益財団法人
福島県産業振興センター
技術支援部

〒963-0215
福島県郡山市待池台1丁目12番地
(福島県ハイテクプラザ内)
TEL:024-959-1929
FAX:024-959-1889
E-mail:f-tech@f-open.or.jp
LINE公式アカウント: @157njtwe
LINE公式アカウントQRコード: @157njtwe